© 1945のごみ人形工房

のごみ人形工房

 のごみ人形は合わせ型で形を作り、成形後に900度で焼成を行います。その後、素焼きしたものに胡粉で白塗りし、1つ1つ顔料で絵付けを施します。

​昭和三十八年にうさぎ、平成三年にはひつじ、そして平成二十六年には稲荷駒が年賀切手になりました。

​Instagramフィード

  • Instagram - Black Circle